毒種にっき

Hearthstoneのあれやこれ

ミニオンの強い弱い

今回はアリーナ以外でも使えるミニオンのピック基準について書きます

コンボ性を無視したカード選びで最も重要になるのがステータス
マナが大きいカードほどステータスは高くなるものですが、同じマナのカードを比べた時どちらが強いのかという格付けのやり方についてです

私たちカードゲーマーがカードを評価する際に基準とするのがバニラ(効果なし)ミニオンのステータスです

2マナ 3/2、2/3
3マナ 3/3(5/1)
4マナ 4/5(2/7)
5マナ 5/6 (none)※
6マナ 6/7
7マナ 7/7(9/5)
8マナ 8/9 (none)
9マナ9/10 (none)
10マナ 11/11
※noneは存在しないが想定されるおよその数値

この数値を見るとわかるように必要マナ×2+0or1が攻守を足した標準的なステータスとなります
この数値よりも大きいステータスのカードはそれなりのデメリットだったり、それよりも小さいステータスのカードはそれなりの能力(挑発や聖なる盾等)を持っていたりします

例1、3マナ2/2cip(手札から出た時)対象に1ダメージについて
f:id:holly_olives0226:20151102221554p:image
3マナのバニラは3/3なので2/2というステータスは劣っています。しかし1、ダメージを与えるという効果が付いているので攻撃に+1し見比べてあげます
すると3/2となりますがやはり3/3より低いので、このカードは「弱い」と考えることができます

例2、3マナ3/2cip味方に1/1付与について
f:id:holly_olives0226:20151102221706p:image
例1と同じように3マナのバニラは3/3なので3/2というステータスは劣っています。しかし1/1付与の能力が付いているので1/1足してあげて4/3となります
この数値は3/3よりも高いステータスなのでこのカードは「強い」と考えることができます

このようにバニラ基準で考え評価を下し、カードの優劣を決めます
デッキに強いカードが入っていれば入っているほど勝てるようになります

特殊能力:挑発や聖なる盾、その他による修正
挑発、隠れ身はステータス-1されるのが基本で
聖なる盾はステータスがおよそ半分になり、
突撃、cip沈黙は-2の修正を受けます


今回はここまでとなります。それでは、また