毒種にっき

Hearthstoneのあれやこれ

挑発《taunt》

今回は挑発(トーント)能力について書こうと思います

まず初めに挑発能力とは…
  • 挑発を持つミニオンが自分のフィールドに存在するとき、相手のキャラクター(ミニオン、ヒーロー)は挑発を持つミニオン以外を攻撃対象に選択することができなくなる
  • 挑発を持つミニオン複数存在する場合、挑発を持ついずれかのミニオンを攻撃対象として選択しなければならない
  • 攻撃以外のアクションにおいて挑発能力は影響を及ぼさない
  • 隠れ身能力との重複はなく隠れ身中挑発能力は無効となる
要するに攻撃を引き受けてくれる盾です
挑発持ちの特徴としてはステータスがバニラミニオンに比べて劣り、同じマナコスト同士のミニオンでぶつけると負けるようになっています(ただし例外もある)
なので挑発の使い方としては相手の低い攻撃力のミニオンを制圧したり高い攻撃力のミニオンから他のミニオンを守ったりといった使い方になります

また挑発持ちのミニオンは無視できないため、その攻撃力以下の防御を持つミニオンは攻めにくくなります
よって攻撃力は相手のデッキに直接関与してきます
また防御面で考えると相手の攻撃から防御の数値だけ守ってもらえるので
言わば第二のヒーローのようなものであり、場に出した挑発持ちのミニオンの体力はヒーローのHPに追加されると考えることもできるのですつまりデッキに入れれば入れるほどヒーローの体力は増えていくことになります

  • 挑発と噛み合いのいい能力
・聖なる盾
1回分ほぼ確実に攻撃力分のダメージを敵キャラクターに与えることができます。それは1/1のキャラクターかもしれないし、大きいミニオンの可能性もありますが1回分は生き延びます
・激怒
無視できず確実にダメージが入るため効果が100%発動しますただし防御以上の攻撃を持つミニオンには1撃で倒されてしまうため同時にステータスも求められます
・断末魔
確実に発動します。相手にとって基本断末魔は発動させたくないスキルで、面倒な能力がくっついてるので無視して盤上に、放置したいのですが挑発により無視できなくなるので断末魔の効果適用まで確実に持っていけます

  • 弱点
挑発の弱点は主にスペル等の攻撃外の除去です。
また、付与されている能力なので沈黙により無効化することもできます。
挑発は無視されるのが一番辛く、守りたいミニオンをスペルで除去されては元も子もありません

  • 優秀な挑発持ちユニット
f:id:holly_olives0226:20151109012713p:imagef:id:holly_olives0226:20151109012715p:image
1枚目は防御が高く、4マナで出すと2ターン生き残るので攻め手受け手が逆転します
2枚目は聖なる盾を持っているのでこのカード1枚で相手のミニオンを2体以上倒してくれます

  • まとめ
挑発はヒーローの体力を増やし、敵から他のミニオンを守り、一定以下の攻撃力を持つミニオンを殲滅します。ゲームを動かす上で欠かせない存在で少なすぎて困ることはあっても多すぎて困ることはあまりありません