毒種にっき

Hearthstoneのあれやこれ

感情表現《Emote》

こんにちは

最近SVの2pickが忙しくてHSをやる時間が取れていません

 

さて、今回は感情表現(エモート)について書こうと思います

思いっきりギャグ回なので笑いながら見てもらえるとありがたいです

 

  •  エモートとは

これはHSにもSVにもあるような吹き出し形式で表現される言葉を指します

 

対戦の初めに「よろしく」

最後に「ありがとう」

 

これは人として、またカードゲーマーとして当然すべき事でありエモート以外の感情表現方法が乏しいオンラインTCGにおいては気持ちよくプレイするうえでとても重要なものです

 ですが、昔から煽りとして使われてしまうエモート

私から言わせてもらうと煽りに使ってしまう人はまだまだ使い方が甘い

うまく使えばエモートで負け確定の盤面をひっくり返せる事もあります

 

有名な某RU_CO選手の残した言葉でこのような言葉があります

 

『Emotional expression is a legend of the neutral

 

直訳すると「エモートは中立レジェンドだ」ですが

この言葉にはとても深い意味があると私は考えます

先ず中立という言葉を使っている点においてエモートがどのヒーローにも使える技だという事を示しています

当たり前だと思っている人はたくさんいると思いますが、デッキを選ばないという点をみなさんには知っておいてもらいたいです

次にレジェンドという言葉。これはエモートがいかに強く、これだけで盤面がひっくり返る事があるかを指します。そしてレジェンドとはデッキに1枚しか入れられないカード。つまり1枚で良いという事を指し、複数回使われて苦い思いをしたという事が痛いほど伝わってきます

 

  •  強いエモート

ではこのいくらでも使えるレジェンドカードをどのように使っていくかですが、勝ちたい時であればあるほど煽りには絶対に使わない事が重要です

後述で弱いエモートの例を挙げていますが折角のレジェンドも使い様によってはゴミ同然です

という事で強いエモートの使い方を具体的に説明していこうと思います

 

デッキを選び対戦を押し相手を探すところから

試合が開始したら素早くマリガンし

「よろしく」

ここが重要です。相手に誠実さを示し此方に煽る意思がないと思わせます

次に試合を進めて行きますが、ここでもポイント

途中エモートは一切打たない事です

黙々とそして素早くプレイしましょう

途中エモートを押したりスペル矢印をふよふよさせたりすると相手が警戒してあぁ、こいつはこういう人間なんだなと思ってしまいます

ゲーム終盤自分のターン

リーサルっぽい盤面でエモートは活躍します

カードを叩きつけるようにプレイし、マナを使い切った瞬間

「ありがとう」

ここで相手がハッとリーサルに気付きます

相手のターン開始

ここでエモート連打する人はまだ良い。良くないが

エモートは相手の心理を削るプレイなのでここぞという所。つまり相手がビクビクしながらカードをプレイした瞬間にエモートを打ち込み心理的に攻めます

「お見事」

これで相手は絶望する事でしょう。自分は負けたんだなと思いとりあえずマナを使い切ろうとカードをプレイしていきます

カードをプレイする毎に

「お見事」

マナを使い切る頃には相手の心は折れているでしょうHSは相手のターンにする事はないと思われがちですがそんな事はありません

相手のターンこそ心理的、また戦略を練るとても重要な時間です

そういえばヒカルの碁でも似た記述がありましたね

 f:id:holly_olives0226:20160829231452j:image

 

そんなこんなで最終ターンが返ってきました

ドロー

おめでとうございます

1点足らずあなたの負けです

 

 

 

 

しかし、まだ諦めてはいけません

 

重要なのはここで投了を期待するエモートは一切使わない事

ここにきて今更エモートを連打し無駄に試合を長引かせる害悪プレイヤーが多くいますが、彼らはとても大きな過ちを犯しています

相手の投了を期待しエモートで試合を長引かせるという事は、相手にとってなんのカードがあり、負け迄のマナは足りているか等の計算時間をそれだけ与えるということになります

つまり相手に計算させる隙を与えず攻撃連打し
とにかく素早くプレイする事が重要ということになります

相手は計算する前に死ぬ事を察し、投了する事でしょう

爆発したら最後

「ありがとう」

勝ちを譲ってくれた相手にはキチンと感謝しましょう

 

これで一通りの試合が終わりです

勝てるカードを煽りに使うほど頭の悪い事はありません

 

  • 弱いエモートの例

  1. エモート連打
  2. 勝ちを譲ってほしいという気が伝わる哀しいエモート
  3. 叩き潰してやる等の挑発的エモート
  4. 煽りエモート

これらを行う人たちは甘々の稲妻です

ソロアドベンチャーもしくはプラクティスで10000000回素振りエモートしてから出直してきてください

 

  • まとめ

今回はエモートについて書きましたが如何でしたでしょうか。カードゲームがいかに心理を駆使して戦うゲームか少しでも伝われば嬉しいです。また、今回の記事のようにエモートで勝つにしろゲームを長引かせること自体プレイヤーとしては最悪なので勝てないことがわかったらさっさと爆発して次の試合で勝ちましょう

感情表現という難しい題材でしたがこれを機に煽りプレイが多少なりとも減る事を願います

 

それではまた次の記事で

well played

well played

well played

1ターンに送ることのできるメッセージの上限回数に達しています。